faro

中小企業向け、貴社を業界No.1のポジションにするオウンドメディア×動画ブランディング戦略

オウンドメディアを運営するなら知っておきたいコラム

コンテンツマーケティングに必要な文字数は?長ければ長いほど良いの?

「コンテンツマーケティングを行うのに最適な文字数って、1記事どのぐらいだろう。長ければ長いほど良いって聞いたけど、WELQの事件で長いからと言って上位表示されるわけでもないって聞いたしな。何文字程度が理想なのだろう」

このような疑問をよく聞かれます。
SEO対策を行ってコンテンツマーケティングを実施するとき、文字数はどのぐらいの目安にしていますか?よく聞くのは1,000文字以上、という事例です。

しかし昨今のSEO事情では、あまり短いコンテンツは好まれません。数年前のコンテンツマーケティングがこれほどバブルにならなかったころは、600文字前後でも上位表示されたのです。

記事を書くのになれている人なら、600文字というのはあっという間ですよね。
ですが、最近のSEO事情は少し異なります。いまはどのようなジャンルでも激戦なので、できる限り、かぶせあいなのです。

かぶせあいとは、同じようなSEO対策のキーワードで記事を書くということです。
しかし、SEO対策の文字数は、いったいどの程度の長さが理想なのでしょうか。

1. コンテンツマーケティングの文字数は1,200文字~7,000文字程度が理想!


コンテンツマーケティングを行う際、文字数は1,200文字~7,000文字程度が良いでしょう。あまりに短いコンテンツは、読了までの時間が短いので滞在時間が短くなり、Googleに評価されません。

しかし、あまりに長いコンテンツも、書くのは大変なことだと思います。
もしも競合があまりいないのであれば、1,200文字程度の短めのコンテンツでも良いでしょう。しかし同業他社がいる場合、もう少し長めにした方がいいです。

基本的に、SEO対策では文字数は関係あるという説と、関係ないという説があります。どちらも正しいのですが、今回は両方を見ていきましょう。

2. 文字数が関係ないとする説


そもそも、SEOコンサルタントの中には、「SEO対策に文字数の長さはあまり必要ない」と主張する人もいます。それはなぜでしょうか。

それは、SEO対策とはキーワード対策のことであり、やみくもに文字数を増やすことが必ずしも良いことではないと考えるからです。
つまりキーワードが大切です。

たとえば、あなたが中小企業で大きいサイズのレディース洋服を扱っているとしましょう。
「レディース 大きいサイズ 価格」と「レディース 大きいサイズ」だったら、後者のほうが明らかに文字数は長くなるでしょう。明確にターゲットが異なりますし、必要とされる記事のボリュームも異なってくるからです。

このため、キーワードが適切に入っているかどうかで、必要となる文字数も異なってくるのです。さらには、文字数は関係なく、キーワードが適切にh1タグ、h2タグ、h3タグに配置されていることが大切になります。

3.  サジェストワードも重要 必要なキーワードがわかる


これは「大きいサイズ」で検索しようとした時の結果です。
これを見ると、大きいサイズには「大きいサイズ ワンピース」や「大きいサイズ 靴」といったなかなか実店舗で買いづらいアイテムが検索されていることがわかります。こうした商品を取り扱っているのであれば、チャンスです。これはキーワードのサジェストなため、網羅すれば上位表示ができます。

SEO対策を施しているライバルもありますが、SEOは戦いのため、コンテンツをよりブラッシュアップしていったほうが勝つのです。検索上位を取るためのテクニックについては当サイトで何度もお伝えしてきていますが、まずは網羅することが大切です。

4.  文章ボリュームは1,200文字程度で良いという考え

文章のボリュームをどの程度にすればいいか、という質問は非常によくある質問です。
だいたい1,200文字は最低でもほしいところです。なぜなら、情報量がそれ以下だと少なすぎるからです。

文字数が仮にすくないと、滞在時間が短くなり、Googleに満足度の低いサイトだと思われてしまいます。

そして、キーワードもなんでも網羅すればよいというものではありません。
たとえば、「大きいサイズ スカート 青」「大きいサイズ スカート 赤」「大きいサイズ スカート 黄色」といった細分化を過剰にしたキーワードはいりません。こうしたキーワードで1,200文字書くのは大変ではないですか?

細分化すれば良いというものではないので、気をつけましょう。

5.  h2とh3に入れること

たとえば、「大きいサイズ ワンピース」「大きいサイズ 靴」などのキーワードで上位を取りたい場合、h2タグとh3タグにキーワードを入れましょう。

<h2>大きいサイズ、ワンピースの着こなしとサイズの測り方!</h2>
<h2>大きいサイズの靴をネットで買うときは横幅に注意して!</h2>

などの表現で、h2タグやh3タグにキーワードを入れていきます。
さらに、赤のワンピースや青のワンピースの検索キーワードを拾っていきたい場合は、

<h2>大きいサイズ、ワンピースの着こなしとサイズの測り方!</h2>
<h3>大きいサイズのワンピース、赤色の着こなし</h3>
<h3>大きいサイズのワンピース、青色の着こなし</h3>

というふうに、サジェストのキーワードをh3タグに入れ込んでいきます。こうすることでクリック率も上がりますし、正しく対策を取ることで上位表示させることができます。
これなら、ある程度の短い文章でも、上位に表示させて勝つことができます。

SEO対策には文字数があまり関係ないという意見を見てきました。

6.  文字数は長ければ長いほうが良いという意見

そして対するに、SEO対策を行うのであれば、文字数は長ければ長いほど良いという意見もあります。

先程見たように、h2やh3タグにキーワードを入れるのはもちろんのこと、かなり長文で攻めていきましょう。
SEO対策はかぶせあいだと冒頭でお伝えしましたが、そのとおりなのです。

Googleは、サイトの滞在率を重視します。Googleが見ている指標にはいろいろあるのですが、そのうちに滞在率があります。ユーザーは長いほど読み込んでくれるので、滞在率が自然と長くなるのです。それはSEO対策上でとても有利になるのです。

7.  長すぎると読まれない?


滞在率が長いほうが有利と言っても、あまりに長文だと読まれない恐れがあります。
そのため、1万文字や2万文字といった超長文コンテンツは、SEO対策では避けたほうが無難です。まず書くのも大変ですし、上位表示されるとも限らず、相当なテクニックがなければ最後まで読ませるコンテンツを書くことはできません。

しかし、仮にペルソナがしっかり設定されていて、目次もちゃんとつけてあり、キーワードを網羅したSEO対策がなされている場合、さらに読者がクリックして冒頭を読んだ途端、「これは私のためにある記事だ!」と思うような記事が書ける場合、長文であるほうが有利になります。

とくに、LPと呼ばれるランディングページなどは長文の方がしっかり読まれる傾向があります。商品の詳細を知りたいと思うものなので、値段に関わらず商品ページはすみずみまで読まれる傾向があります。

8.  長文が良いか短文が良いか?とりあえず検索してチェックしてみる


まず、SEO対策を行う前に、コンテンツ・マーケティングを施策するのであれば、なにはさておき検索してみることが大切です。自分が対策したいキーワードでまずはググってみましょう。

そこで長文のコンテンツが上位に来ていたら、それはGoogleが長文を重視するキーワードですし、もしも長文以外のコンテンツでやや短いなと思うのであれば、それはGoogleが長さをあまり重視していないことの証明になります。

まず検索してみて、何が評価されているかを確認することはとても重要な事です。
例を取って、「大きいサイズ ワンピース」で検索してみましょう。

ここでは、上位のページはかなり長いです。そして文字というよりも写真が大量に載っていて、ヴィジュアルで訴えかける仕様になっています。これを真似して、写真プラスコンテンツでどんどんサイトを追加していくと良いのではないでしょうか。

また、この場合は画像のコンテンツが優位性を持っていることがわかったので、動画を使うことも有効です。動画マーケティングで動画をコンテンツに埋め込み、オリジナリティのあるコンテンツを目指しましょう。

動画は類似した動画を作るのが難しく、オリジナリティが高いので動画SEOをしっかり対策すれば、上位表示に近づきます。大きいサイズのワンピースで攻めるのであれば、着用感や前後左右の着脱感を動画で説明できると理想です。

9.  長文は7,000文字を目指して

ライバルに負けない方法はまた別途、当サイトで説明しますが、シミラーウェブやahrefsを使って競合を分析し、それに負けないコンテンツを配信していくことが大切になります。
当コンテンツは4,000文字程度ですが、それでもコンテンツマーケティングの分野は激戦のため、これでも短い方です。

できれば7,000文字を目指してコンテンツを配信していきましょう。1万文字近い長さになってくると、読み飛ばして必要なところだけ読む人が増えますので、目次もしっかりつけましょう。

なかなか書くことは大変ですが、1日もあれば7,000文字の記事をひとつ書くことができるようになります。SEOを意識して、しっかりとした良質なコンテンツを配信しましょう。

「良いコンテンツとは何か?」

というテーマは数えだしたらきりがないのですが、それでも自分が自信を持てるようなコンテンツなら、自然と長文になるはずです。書きたいことを全部書きつつ、なおかつ読んでもらうためには、見やすいデザインやサイトの色味も大切です。

コンテンツを長文にするにせよ、少し短めにするにせよ、キーワードをしっかり盛り込むことが大切です。Hタグの使い方をマスターして、しっかりとSEO対策を施しましょう。

1,200文字~7,000文字程度が良いということを見てきました。あまりに長すぎるコンテンツは読まれないので意味がありません。しかし、短すぎても問題なのです。大切なのはキーワードが適切に配置されているということです。キーワードが適切に配置されていれば、自然と見やすいコンテンツとなります。

動画×WEBで最強のブランディングを実現

WEBにおける成功の方程式は【アクセス数UP】×【成約率UP】です。
SEOやWEB広告は、アクセス数UPにつながりますが、成約率UPには直接つながりません。

私たちが考える動画活用型のオウンドメディアは、
『アクセス数UPと成約率UPを同時に実現する最強のコンテンツマーケティング戦略』
です。

価格競争から脱却し、圧倒的ポジションを構築したい方のブランディングを支援します。

無料相談受け付けております。

 動画×WEBで最強のブランディングを実現

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)