faro

中小企業向け、貴社を業界No.1のポジションにするオウンドメディア×動画ブランディング戦略

オウンドメディアを運営するなら知っておきたいコラム

検索で上位表示されるために記事を書く秘訣

「SEOのコツってなんだろう」
「記事を上位表示させたい!」
「書いては見たんだけれど、上位表示されないなあ」

などの悩みを抱えていませんか?
そうした悩みは、SEOをより詳しく知ることで解決できます。
もしかしたら、いま、記事の書き方を、誤解してしまっているかもしれません。
正確に記事を書く方法を覚えれば、正しい方法を学ぶことができます。

記事を書く前の段階で、SEOの成否は決まっている!

実は、記事は書く前の段階で、SEOで上位表示されるかどうかが決定づけられているのです。
良くない記事は、すでにその時点で、他社の記事に負けています。

◎読者が何を求めているのか、キーワードからニーズを把握すること
◎検索キーワードを攻略する

の2つが重要となります。

  

具体例で考える、読者ニーズの把握方法

たとえば、検索の例を考えてみましょう。
あなたは普段、どんなときにGoogleのサイトにアクセスし、検索エンジンにどんな言葉を打ち込みますか。
「ホームページ 制作 費用」というキーワードがあったとき、ユーザーはビジネスのために何らかのホームページを立ち上げて、運用し、売上を上げたいと考えているのではないでしょうか。
そんなときは、具体的に、ホームページ制作の費用相場を提示すれば、読者は満足してくれます。

具体的に、自社がWebサイトを作った例、金額、納期、工数などを自分のWebサイト上で展開できれば良いのです。
キーワード選びから、ニーズを把握することができます。

  

記事を書く前に、よく読者の考えを深掘りする。

考えてみましょう。「ホームページ 制作 費用」で検索する人は、自分のWebサイトをどこかの制作会社に依頼して、作ってもらいたいと考えています。それがニーズです。そして、さらに、そこでかかる費用なども知りたいと思っています。

なおかつ、ここで重要なことは、潜在的なニーズとして、「できれば安く発注したい」という思いがある、ということです。
これがニーズとしてさらに隠れているのです。そこを見失わないようにしましょう。

  

記事を執筆する前に、記事の構成を考える

まずは執筆の前に、構成を考えましょう。
たとえば、「インターネットから集客したい場合のWebサイト制作費用のまとめ」といったタイトルで記事の構成を考えます。
そして、h2タグなどを活用します。タイトルとh1タグ、h2タグはGoogleもキーワード候補として重視していますので、大見出し、小見出しなども重要です。
H2タグを使って、「ECサイトまで作るときの費用のまとめ」「Webサイトのみの構築の場合」などとケース分けして、大見出しを作りましょう。
さらに、h3タグを活用して、費用感を出していきます。

そして重要なことに、この検索キーワードのユーザーは安さもできればあるといいなと感じている、ということはすでにお伝えしましたよね。
そのニーズも汲んで、できるだけ安く上げる方法なども提示してあげると、より親切なサイトにつながるでしょう。

Googleは、当サイトの他の記事でもお伝えしましたが、クローラで巡回し、サイトの内容を詳細に読み込んでいます。
そのため、たとえ日本語であろうとも、しっかりと内容を解析し、何が書かれているか、そしてそれがどれだけユーザーの検索ニーズに応えてくれる優れた品質のテキストなのかをチェックしています。

そのため、まずは検索の記事の構成を考える前に、ニーズをしっかり汲み取っていくことが大切になるのです。
そして、その後、構成を考えて、執筆していきましょう。

  

競合をリサーチして網羅する

最近は、こうしたSEOのテクニックが本格的に競争社会に入っていて、Webマーケッターの数も増えました。
Webマーケティングを専門とする会社も多くなり、SEOの世界は激戦区です。
そのため、自分が記事を書きたい場合は、まずライバルがどのような記事を出しているか、検索することが大切です。

「ホームページ 制作 料金」のキーワードで上位を狙う場合、まずそのまま、Googleに打ち込んで検索結果を見てみましょう。

そうすると、今現在の検索結果で上位に表示されているWebページがどんなものか、わかるようになります。
そこで上から10件を見ていきましょう。
まずは1ページめに表示されているサイト、それらは必ず、SEO対策がなされています。

SEO対策を行って、内部対策等もしっかりしているからこそ、上位表示されているのです。
とくに、「ホームページ 制作 料金」などのワードは比較的検索される頻度が高いため、より激戦区になります。
ホームページ制作を行っている会社も多いため、多くの企業がWebマーケティングに参戦しています。

よって、「ホームページ 制作 料金」などのキーワードは、かなりしっかり対策が取られています。
ですので、上位10記事を全部チェックして、どのようなことが書かれているか、書き出してみましょう。

そして、それら上位10記事の内容を網羅した上に、さらにオリジナルコンテンツを追加して、よりフレッシュな情報を届けましょう。
上位1位のサイトでも、必ず足りていないコンテンツはあります。

そのため、それを網羅した上でさらにより高度な記事を書いていけば、上乗せになるのでかぶせ合いになりますが、より質の高いコンテンツができます。そして、それだけ網羅すればかなりの長文になるとは思いますが、それでもかまわないのです。
7000文字程度になっても構いませんので、じっくり読みたくなるような長文を書きましょう。

  

Googleは、質の高いコンテンツを求めていると心すること

まず、上位表示の基本ですが、Googleは、創業当時から「悪いことをしなくともお金は稼げる」という善の信念で動く会社です。
ユーザービリティを損なわないために、Googleのトップページにはいくらお金を積まれても広告は載せません。

ユーザーのことを第一に考えて成長してきた会社ですから、検索結果も上位表示されるのはユーザーのためになる記事です。
そのため、Googleは質の高いコンテンツを求めていると考えたほうが良いでしょう。

ここで、疑問が湧いてきます。「質の高いコンテンツ」とは何でしょうか。

質の高いコンテンツがどんなものが、Googleが真に評価してくれるコンテンツとはどのようなものかについては、さまざまな議論があります。
Google社員であっても、分からないケースが多いようです。
たとえば、2016年の終わり頃、医療情報サイトからリライトにリライトを重ねて、でたらめな医療情報をキュレーションしていた、DeNAの「WELQ」というサイトが、健康被害をもたらしているとして大問題となり、閉鎖に追い込まれました。

その他にも、さまざまなキュレーションサイトが跋扈していました。それらは、Googleが検索上位にリライトサイトを持ってきた結果です。
つまり、2016年の時点では、Googleはリライトサイトでなおかつ健康被害があるようなサイトを、良質なコンテンツ、とみなしていたのです。

Googleのアルゴリズムも、完璧ではないことがここからわかると思います。
ですが、できる限り善良な記事を書いて上位を狙うべきでしょう。WELQは大問題となりましたので、ご存じの方も多いはずです。
そして、問題を受けて、Googleはフレッドアップデートを行いました。
これによって、雑記系ブログなどのアクセスが激減しています。
そして、無料ブログ等から独自ドメインに載せ替えたブログ等も、大幅にアクセスが激減して復活していない状態です。

まだまだ、フレッドアップデートは不安定で、順位はコロコロ入れ替わっています。
Googleのアルゴリズムはつねに、ユーザー目線になるよう改良が重ねられていますので、信頼して自分が良いと思えるコンテンツを配信していきましょう。

今後もアルゴリズムは、何かあるたびに改良されていきます。
その中でも生き残っていくためには、つねに新しい情報などを更新していくことが重要です。

  

適切にヒットする記事を書く

SNSで紹介されてシェアされ、バズっていく記事と、検索流入から多くの人が入り込んでくる記事は、性質が異なります。
検索結果で上位表示されるには、クリックされやすいタイトル、そして読者ニーズに的確に呼応した記事である必要があります。
ニーズを正確にとらえて、読者が求めていることが何なのかを、しっかりチェックしましょう。

そして、たとえば「ホームページ 制作 料金」などの検索キーワードで検索してくる人は、ビジネス上のWebサイトを作りたいと思っていますので、あまり砕けた文言はマッチしませんよね、言葉遣いなども、気をつけましょう。

  

自分だけのオリジナルコンテンツを書く

昨今のGoogleのアルゴリズムの動向として、オリジナルコンテンツというものが非常に評価されています。
検索は、いろいろな人が使います。
中には、自分だけが利益を独占しようとブラックなSEOを使って上位表示させているサイトもあるでしょう。

そんな中で、生き残っていくためには、自分だけが書けるオリジナルコンテンツを書いていくことが大切です。
自分の体験、経験、価値観、人生観などを反映させた、世界にひとつしかないコンテンツを作り上げましょう。

また、滞在時間も重視されますので、7000文字~10000文字程度の長文コンテンツでも、しっかりとした内容であれば、文字数が多少多くとも読まれますので大丈夫です。
長いコンテンツは、以前は非常に有利だったのですが、WELQが長文で長ければ長いほど良いというGoogleの動向をつかみ、でたらめな情報を拡散したので対策が取られ、長すぎてもあまり読まれない、という傾向もわかりました。

スマホ対応していることも必須です。
スマホでは改行が適切であることが求められますので、ほどほどに、3行ごと程度に改行を入れて読みやすくしましょう。

日頃から適切にサイトを運営し、しっかりした記事を書いていくことで、被リンクも増えます。
そうすればますます評価されますので、上位表示に近づきます。
サイトを強化して健全なサイトを運営しましょう。
日々の積み重ねによって、コンテンツは成長します。

動画×WEBで最強のブランディングを実現

WEBにおける成功の方程式は【アクセス数UP】×【成約率UP】です。
SEOやWEB広告は、アクセス数UPにつながりますが、成約率UPには直接つながりません。

私たちが考える動画活用型のオウンドメディアは、
『アクセス数UPと成約率UPを同時に実現する最強のコンテンツマーケティング戦略』
です。

価格競争から脱却し、圧倒的ポジションを構築したい方のブランディングを支援します。

無料相談受け付けております。

 動画×WEBで最強のブランディングを実現

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)