faro

中小企業向け、貴社を業界No.1のポジションにするオウンドメディア×動画ブランディング戦略

オウンドメディアを運営するなら知っておきたいコラム

検索エンジンってどんな仕組み!?動きを知ってSEO攻略

「検索エンジン攻略、通称SEOをしてみたいけれど、検索エンジンの仕組みがわからない」
「検索エンジンの代表はGoogleだけど、何やら複雑そう」
「上位表示されて、訪問者を増やしたい」

などの悩みがあることだと思います。
今回は、検索エンジンってどんなふうに動いているのだろうという疑問を持っている方を対象に、Googleなどの検索エンジンの働きについてお伝えしていこうと思います。
検索エンジン最適化、通称SEO(Search Engine Optimization)などにも触れますので、ぜひ参考にして、上位表示を目指しましょう。

SEOについての知識がなく、まだまだ初心者だな、という場合、こちらの記事を読んでみて、初歩の初歩について覚えて帰ってください。
検索エンジンについてはさまざまなセミナー等が開催されていますが、たいてい教えていることは今回の記事と同レベルです。
セミナーにいくのは時間もお金もかかりますので、当記事で学習されるのが一番かと思われます。

  

検索エンジンの基本的な動き

検索エンジンの基本的な機能として、「クロール」「インデックス」「ランキング」の3つが挙げられます。
これらはどれも、検索エンジンの働きを理解するのにとても重要な役目を果たします。
クロール、インデックス、ランキングの仕組みを上手く学んで、上手にSEOとしてGoogleをハックしましょう。

  

クロールは、Googleがインターネット上を回覧してあなたのWebサイトを見つける

Googleは、クローラーと呼ばれるロボットを周回させています。
どこをロボットがまわっているかというと、インターネット上です。
Webサイトを誰かが更新すると、クローラーが徘徊して、サイトの更新情報を把握します。

そして、情報を収集するのです。
HTML言語で書かれたテキストだけでなく、画像や動画などの情報も収集されます。
Pdfもクローラーのクロールの対象です。
ですが、Flashはわかりませんので、Flashでサイトを作るのはやめましょう。

ロボットが勝手にサイトを見ていると聞くと怖いと思われるかもしれませんが、あくまでGoogleは機械的に更新情報をみています。
インターネット上をぐるぐるクローラーがまわっており、さまざまなデータを見ています。

クローラーは、全世界のデータを集めているため、すさまじい量のデータを集めていることになります。
そのため、Googleが動かしているサーバの台数も、数百万台という数になります。
電力も相当消費しており、Googleは世界にあるサーバの何%かを占めています。

クローラーがあなたのWebサイトの情報を勝手に収集します。
そのため、クローラーに対して、積極的に働きかける必要はありません。
勝手に集めてくれるので、何かをすることは特にないのです。
ただ、Webサイトを更新するだけで、勝手に情報をGoogleの側から集めてくれます。

ただし、サイトマップを送信する必要はあります。
サイトマップとは、Webサイトがどういう構造になっていて、どのようなカテゴリで作られているのか、構造を示したものです。
よく、Webサイト等を見ていると、サイトマップ、というページがありますよね?
あれをGoogle向けに直したものが必要です。

サイトマップは、sitemap.xmlという形でGoogleに送信します。
ですが、これを手作業で作る必要はありません。
Wordpressのプラグインで作れるので、そちらで自動生成するのが一番です。

Sitemap.xmlに対して、Googleはそれを閲覧して、サイトが正しい作りになっているかを把握します。
階層が深すぎないか、カテゴリが適切に振り分けられているか、情報のページは十分にボリュームとしてあるか、記事の文字数はどうかなどが審査の対象となります。

  

インデックスは、GoogleがWebサイトを登録すること

Googleはクローラーを飛ばし、世界中のWebサイトを収集して回っていることは先程もお伝えしました。
そこで、クローラーが回収してきたページを、インデックスという行為で目録にします。
サイトにとくに大きな欠点が見つからない場合は、インデックスされるのです。
インデックスはindex、目録、もくじなどの名称でも呼ばれますが、Webマーケティング用語ではインデックスです。

インデックスは、いわゆるクローラーがデータベースにWebサイトを登録することをいいます。
世界中のデータベースに、世界中のWebサイトが登録されています。
インデックスの基本は、「良いサイト」だと認識してもらうことです。

自分が書いたWebページなのだから、自信はありますよね?きっと良いサイトのはずです。
ですが、それを客観的な指標として、Googleはどのようにあなたのサイトを評価するのでしょうか。
それが、「他サイトからのリンク」となります。
他の人がWebサイトを読んで、この記事はいい記事だと思ったら、リンクを貼ってくれますよね?
そのリンクが多ければ多いほど、有利になるのです。

また、インデックスの仕組みとして、他サイトからのリンクを辿って、あなたのサイトにたどり着くという行為が行われますので、他の人からぜひリンクをはってもらえるような記事を書きましょう。
それがインデックスへとつながります。

インデックスは、一度張られてもまたGoogleのクローラーはやってきます。
更新しているか、サイトに変更はないかチェックするためです。
たくさんのページからリンクを張られている方が有利なのは、その分だけ更新の頻度が高いと、訪れてくれるタイミングも早くなるからです。

リンクが多いほどクローラーがやってくる頻度が高くなります。
それだけ、自分のサイトの更新情報がはやくGoogleのサービスに適用されますので、インデックスは重要なのです。

  

ランキングこそがもっとも重要な機能

クローラーもインデックスも、とくに重要ですが、こんなものがあるんだぐらいに思ってもらえれば十分です。
もっとも大切なのは、ランキングです。
このランキングが、Googleの検索順位を決めるものです。

Googleは、このランキングの仕組みを公開していません。
そのため、どうやれば検索の上位に表示されるかは、やってみないとわからないのです。
それに、誰も正解を教えてません。
ですが、さまざまなWebマーケッターたちの努力によって、ランキングの仕組みがハッキングされて解明されつつあります。

基本は、「Contents is King(コンテンツ イズ キング)」というものです。
コンテンツの内容が良いもの、そして読んだ人の人生が変わるような体験、読んだ人が感動するような内容、読んだ人がつい他の人に勧めたくなるような内容、そして徹底した読者目線が重要です。

また、滞在時間等もGoogleは重視しています。
ボリューム感があって、なおかついろいろなコンテンツがあるほうが、この記事の次はこれも読んでみよう、というわけでさまざまなページを読んでくれますので、滞在時間が長くなります。

そのため、Googleは文章のボリュームがある程度長く、そしてコンテンツの数がある程度の数ある方が、評価されやすくなります。
1つの記事は1000文字以上にしましょう。
そして、最低でも10記事程度はサイトにほしいところです。
コンテンツが充実しているWebサイトは、個人ブログでも万単位のページ数を準備しており、とても検索に強くなっています。

  

動きをしってSEO攻略

ここまでで、Webサイトを構築し、ページを更新してから、Googleがあなたのサイトにたどり着いて、どうやって他のユーザーが検索したときにあなたのページを上位表示するのかがわかっていただけたかと思います。

この動きを知ることで、上位表示により近づきます。
また、まずは、自分でこの検索キーワードに対して上位表示させたいというターゲティングをする必要があります。

そのためには、まず記事を書く前のタイミングが重要です。
ペルソナが大事ですし、誰をターゲットにして、どんなニーズを読者が求めているか、知ることが大切です。

検索エンジンは、とても賢いものです。
Googleは、仮にあなたのサイトが日本語で書かれていても、内容を読んでいます。そして理解しています。
優れた文章、ここにしか書かれていない文章、特別な体験などを求めています。

もしも仮に、これしか自分にかけない文章があると思うのであれば、ぜひWebサイトにアップしましょう。
コンテンツの一部でもいいので、Googleは特別感のあるコンテンツを求めています。
それこそが、読者に新鮮な体験を与えてくれると知っているからです。

自分だけが書ける文章を配信するのはとても難しいものですが、誰しも専門性はあります。
そのため、Webサイトを計画する際も、できる限り自分の専門性が発揮できるコンテンツが書けるようなサイトにしましょう。

  

たくさんある検索エンジン

たとえば、中国では独自のインターネット文化が進んでいて、百度(バイドゥ)などの検索エンジンが使われています。
韓国ではNAVER、アメリカではマイクロソフト社が提供しているBING!などもあります。
そして日本では、Yahooなどが使われていました。
Yahooなどは、独自の検索エンジンだったのですが、Googleの検索エンジンを使うようになりました。
それに加えて、リアルタイム検索などを備えています。

さまざまな検索エンジンがありますが、もっとも優れており利用者の人数が多いのが、Googleです。
Googleは、今回見てきたように、ちゃんと投稿の内容をみています。
文章をキーワード単位で解析し、何が書かれているかをアルゴリズムで検証しています。

そのため、ちゃんと信頼して、優れたテキストを書けば上位に上がりますし、その分だけ検索からの流入も増えます。
Googleはまだまだ弱点もありますが、日々アルゴリズムがアップデートされ、より、「ユーザーのためになるコンテンツ」を評価する傾向があります。

よって、ちゃんとしたテキストを書くことが大切です。
何が評価される記事になるのか、そうしたことは当サイトでどんどん発表していきます。
基本は、「コンテンツ イズ キング」だということを覚えておくと良いでしょう。
デザインなどは見ておらず、検索の上位に上がるには、内容こそがすべてなのです。
検索エンジンを攻略しましょう。

動画×WEBで最強のブランディングを実現

WEBにおける成功の方程式は【アクセス数UP】×【成約率UP】です。
SEOやWEB広告は、アクセス数UPにつながりますが、成約率UPには直接つながりません。

私たちが考える動画活用型のオウンドメディアは、
『アクセス数UPと成約率UPを同時に実現する最強のコンテンツマーケティング戦略』
です。

価格競争から脱却し、圧倒的ポジションを構築したい方のブランディングを支援します。

無料相談受け付けております。

 動画×WEBで最強のブランディングを実現

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)