faro

中小企業向け、貴社を業界No.1のポジションにするオウンドメディア×動画ブランディング戦略

オウンドメディアを運営するなら知っておきたいコラム

Webマーケティングでライバルに負けない。対策を取ろう

「Webマーケティングでがんばっているけれど、ライバルが強いな、負けたくない」
「同業他社がオウンドメディア、コンテンツマーケティングで好調なので焦る。何か対策を取らなくては」
「自分たちの会社が業界でトップランナーであり続けるには、何が必要だろう?」

そんな風に考えていませんか。
Webマーケティングの世界は、ライバルとの戦いです。SEOも戦いです。
なぜなら、Googleはひとつのキーワードに対して上位表示されるのがページに10件までであり、激戦のキーワードになればなるほど、ドメインパワーの強い強豪、古くからインターネットで光っている大手企業などが順位を独占します。

そんなとき、私達には何ができるのでしょうか。
ライバルに負けないために、同業他社を突き放すために、どのような対策ができるのか考えていきましょう。

競合が増えてきた!と思ったら、まずは分析

コンテンツマーケティングを実施していく上で、自分たちがかりにトップランナーで成功していたとします。
あなたの会社のWebサイトが輝いているのを見て、後から真似してより長い記事を作成し、上に行こうとする会社も登場します。

中小企業にとって、ライバルは競合他社だけではありません。
最近は個人でもネットを使って稼ぐ人が非常に増えており、大企業、中小企業、そして個人と戦わなくてはなりません。

個人とはいえ良質なコンテンツを配信する人が増えており、フリーランスの数も激増しています。
クラウドソーシングのランサーズやクラウドワークス、ココナラなど、個々人が在宅でコンテンツを販売する機会も増えており、コンテンツマーケティングは激戦なのです。

なんとかしてあいているポジション、まだ未着手のキーワードや業界に進出しようと思っても、あっという間にライバルたちがあらわれて、食い尽くされてしまいます。

競合他社に勝つためには、正面から戦うほかありません。
競合他社が増えてきたと思ったら、まずはライバルの動向を分析しましょう。
さまざまなキーワードでライバルが上位表示していると思いますが、それに対抗して、さらに良質のコンテンツを配信して、上書きしていく必要があります。
競合他社を分析して、勝つための戦略を立てましょう。

ahrefsを使ってライバルがどのようなキーワードを狙っているかチェック

http://ahrefs.jp/

たとえば、あなたがカードローンの総合情報サイトを立ち上げたいと考えているとします。
カードローンはアフィリエイト単価が高く、うまく運営すれば、かなりの高収益が見込めます。
カードローンの運営で生計を立てている人も多く、大きな利益につながります。

しかし、それだけ狙い目であるということは、激戦であるということでもあります。
例としてカードローンを挙げましたが、カードローンのアフィリエイトは今からやるのは止めたほうが良いでしょう。
それでもやりたい、チャンスを狙いたいというのであれば、まずライバルの動向を知らなくてはなりません。

そして、ライバルがどのようなキーワードで上位を取っているのか、そしてそこにスキはないのかなどを狙っていく必要があります。

そんなとき使えるのが、ahrefsというツールです。
Ahrefsは、対象のURLを入れると、被リンクの状態、どのような検索順位、検索キーワードで上位表示されているかわかるツールです。
Ahrefsを使えば、自分のサイトだけでなく、ライバルの動向をしることができます。
それを使って、ライバルがどのようなキーワードを狙っているのか確認しましょう。

たとえば、カードローンのサイトで有名所には「ファイグー」「マネット」「カードローン部」「カードローンガールズ」などがあります。

それぞれのURLからahrefsで解析をかけてみて、どのようなSEO対策が行われているのか、どの層をターゲットにしているのかを確認しましょう。

たとえば、マネットは、税金の払えないフリーターなどをターゲットにしていることがahrefsからわかります、「フリーター 税金 払えない」などのキーワードを狙ってSEO対策を行い、そういった層にカードローンをすすめています。

ここで大切なことがあります、ahrefsはSEO対策で上位を取っているキーワードの詳細だけでなく、その検索ボリュームまでわかるということです。
そのため、このキーワードなら勝てそうだ、というのがわかります。

そして、ファイグーというサイトは、カードローンに関することを検索すればかならず上位に出てくるサイトで、「アコム」「プロミス」「アイフル」「モビット」といった商標キーワードでも検索上位に入るほど、強いサイトです。

こうしたサイトに真っ向から挑戦し、同じように「アコム」などのキーワードで勝負しようと思っても、徒労に終わります。
Ahrefsは、そうしたビッグキーワードを避けて、スモールからミドルのキーワードで勝負していくのにぴったりのツールなのです。

たとえば、「生活保護 申請」などのキーワードでも上位を取っている上に、それらのキーワード数は1000程度ですので、それならチャレンジしてみようか、という気になると思います。
これが「アコム」にしてしまうと1万以上の検索件数なので、大変です。
それは確かに、取れれば確実に収益とアクセスが稼げるキーワードですが、ビッグキーワードで上位に上がるのはカードローンの場合まず不可能です。

ここでは、激戦のカードローンを例に出しましたが、ahrefsは非常に優秀なツールです。
無料ツールではないため、月会費を若干払う必要がありますが、ライバルが多くなってきて、混戦状態になってきたら、欠かせないツールではないでしょうか。

できるだけ、200~1000程度のミドルボリュームのキーワードを拾っていきましょう。
それでも検索数は一定数ありますし、コンバージョンを取れれば、収益につながります。

中小企業で直接物販していなくとも、サービスなどを提供している会社で、ライバルに打ち勝ってWeb上で存在感をアピールしたい、そして競合が強くて困っている、と言う場合は、やみくもにSEO対策してキーワードを選びまくるのではなく、このように検索ニーズをライバルがどのように拾っているのかを確認し、しっかりと戦略を立てる必要があります。

Ahrefsは非常に有望なツールなので、Webマーケティングには欠かせません。
もしも仮に、このツールを使わないのであれば、SEOチェキなどでひとつひとつコツコツ調べていくしかありません。

ahrefsを使って、より強力なSEOを施した記事を投入する

Ahrefsで競合の分析を行ったら、続いて、SEOを施した記事を投入していきます。
基本は、長さです。WELQ事件があって以来、インターネット上は長いコンテンツが必ずしも上位に上がるとは限らなくなりました。
しかし、まだまだ長文コンテンツは有効です。そして何より、1000文字などの短い文章では、読者に訴えかけることは困難でしょう。

そこで、ライバルの強い記事が3000文字ならこちらは5000文字、ライバルが5000文字ならこちらは7000文字と、大きなコンテンツを投下し、どんどん重ねて競合に負けないようにしましょう。

その時、大切なことがあります。
Ahrefsでライバルの強いコンテンツがわかったら、実際にGoogleでそのキーワードを検索して上位10記事、すなわち1ページめを全部チェックしましょう。
そして、何が書かれているかをすべて書き出して、メモします。

その上で、自分が書く記事には、上位10記事にあるコンテンツをすべて網羅した上で、さらにオリジナルのコンテンツを投入すると良いでしょう。
まずは上位10コンテンツを精査することが大切です。
なぜなら、それらがGoogleに評価されているのは事実だからです。

コンテンツの内容をしっかり学習し、競合の分析を行った上で、それらを網羅してさらにオリジナルコンテンツを書く。
それを1記事にまとめなければなりません。ボリュームも大きなものになりますし、構成もかなりの力が必要です。

インターネットにおいてライバルに打ち勝つことは簡単ではないのです。

「ミエルカ」を使って、ネット上のキーワードを網羅

https://mieru-ca.com/

もうひとつ優れたツールをご紹介します。
それが「ミエルカ」です。
ミエルカは、自分たちが狙っているキーワードを使って、他にどのようなキーワードが網羅的に使われているのかをWeb上からすべてひっぱってきてくれます。

すなわち、たとえば「フリーター 税金払えない」などのキーワードをミエルカにいれると、Googleがどのようなサイトを検索上位にしているか調べて、その上位のサイトから重要なキーワードをすべて抜き出してきてくれるのです。

これは非常に便利なツールで、ミエルカを使えば、ライバルに打ち勝つことも容易です。
とてもシンプルなツールのようでいて、ミエルカは重要な役目を果たします。

ライバルの動向を調査して、狙うべきSEOキーワードを手に入れたとしても、やみくもにライティングしていては上位が狙えません。
いま何を書くべきか、教えてくれるのが、ミエルカです。

ミエルカなら、その他のキーワードもたくさん使って網羅するようになりますので、他のキーワードでも上位を狙うことができます。
自然と記事の方向性がわかって、アウトラインなども記事のキーワード一覧を見ているだけでわかるのではないでしょうか。
ミエルカも無料ツールではありません。
しかし、お金を支払う価値は十分にあります。

ツールを使ってライバルに打ち勝とう

Ahrefsとミエルカという2つのツールをご紹介しました。
これらはあまり一般的なWebマーケティングのブログ記事には登場しないツールです。
しかしアフィリエイターの間ではかなり使われているツールで、どちらも非常に強力なものです。

SEO対策を行う上で、競合に勝ちたいと思うのであれば、こうしたツールを導入すべきです。
ライバルの動向をしっかり観察して、上書き、上書きで、さらによいコンテンツで上位を狙っていきましょう。
非常に使えるツールなので、積極的に利用してください。

動画×WEBで最強のブランディングを実現

WEBにおける成功の方程式は【アクセス数UP】×【成約率UP】です。
SEOやWEB広告は、アクセス数UPにつながりますが、成約率UPには直接つながりません。

私たちが考える動画活用型のオウンドメディアは、
『アクセス数UPと成約率UPを同時に実現する最強のコンテンツマーケティング戦略』
です。

価格競争から脱却し、圧倒的ポジションを構築したい方のブランディングを支援します。

無料相談受け付けております。

 動画×WEBで最強のブランディングを実現

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)