faro

中小企業向け、貴社を業界No.1のポジションにするオウンドメディア×動画ブランディング戦略

オウンドメディアを運営するなら知っておきたいコラム

低品質なページや検索結果に出したくないページは、noindexをつけてGoogleから弾こう

「会社のお問い合わせフォームを作ったけれど、これをインデックスされたくない」
「社員が書いた雑記ブログの日常のページはGoogleに見られたら品質が低いと思われてしまう」
「どうしても中身がないページができてしまう。」

そんな風に考えていませんか?
Webサイトを運営してると、不要なページというものがでてきます。自分としてはコンテンツとして重要なのですが、中身が短いとか雑記であるとか、SEO上あまり好ましくないページができるということです。

たとえば、冒頭でみたとおり、お問い合わせフォーム。
お問い合わせフォームを検索上位に上げたいとは思いませんよね?
そんな場合は、ある処理を行って、検索の結果に反映されないようにしなければなりません。

他にも、社員が書いた雑記ブログなども同様です。日常のあれこれが書いてあったり、あまりに短すぎたり。そんな場合はそれらも検索上位には表示されないようにすることが大切です。

1. noindexを使おう


そこで、noindexというものを使います。
そもそもインデックスとは、索引と日本語でいいます。インデックスはGoogleがインターネット上を巡回し、全部のページを閲覧してどのようなことが書かれているか確認し、そこから、検索された時に索引で引き出しやすくするための機能のことです。

そんなとき、Googleのクローラーはすべてのページを見て回ります。頻度が多く、なおかつWebサイト上にアップしたあなたのコンテンツすべてをチェックするので、そこでnoindexを使うことで、インデックスされないようにすることができるのです。

さらに、nofollowというものもあります。Noindexされることでnofollowになり、これらがGoogleにたどられなくなるのです。

Noindexを使って、検索されないようにしましょう。リンクをたどらないようにしてくれるので、そのページが検索の対象にあがりません。よって、低品質なコンテンツでも、気兼ねなく追加することができるのです。

Googleにインデックスされては困るということで、社員のブログなどを制限するのは本末転倒ですよね。社員が楽しんで雑記ブログを書いて会社のWebサイトにアップしているのであれば、それはそれでコンテンツとしておいておくべきです。

Noindexされることで、Googleからたどられなくなるため、ページそのものはインターネット上に存在しないも同然となります。しかし実際はあるので、人の目でみたときに、そのページもたどることができるようになるでしょう。

また、SNSなどでもシェアできますので、そこからみてもらうこともできますので、仮に雑記ブログにファンが付いていても大丈夫なのです。

2. インデックス表記の方法

ではnoindexはどのように表現するのでしょうか。

<meta name=”robots” content=”noindex”>

で十分です。
Noindexとは、HTMLタグのことです。
HTMLタグを説明するまでもないと思いますが、インターネット上でホームページを表現するマークアップ言語のことです。HTMLタグはインターネットの登場と同時に使われている言語であり、これによって記述が行われます。

BODYタグとHEADタグがあるのですが、noindexを記載するのはHEADタグです。
インデックス削除の効果があり、nofollowの効果もあるとのことです。

3. noindexを正しく使うことの意味


Webサイトにはコンテンツのボリュームが必要だということは、当サイトをご覧になっていたらわかると思います。Webページには、ある程度の文字数が必要です。具体的には、1200文字以上はあったほうがいいでしょう。ページ数も同様で、最低でも30ページ程度はないと、まずコンテンツの質が低いとみなされてしまいますし、ユーザーの滞在時間も短くなります。

それになにより、読者の満足度も低いことでしょう。
よって、Webサイト運営の初期に限っては、ページを多く、文字数を多く書いていくことはとても重要なことなのです。ボリュームがなくてペラペラのサイトであれば、Googleはまったく評価してくれません。

しかし、コンテンツを投下し、Webサイトを何年にもわたって運営していくとなると、ページ数が何十、何百、何千にもなることだと思います。がんばって運営すればするほど、ページ数は増えていきます。

そして、ページ数が増えたからこそ、低品質なページをインデックスから除外する必要が生じるのです。低品質なページをnoindexして、専門性が低くてなおかつ文字数も少ないようなページを除外しましょう。

この施策によって、よりあなたのサイトのなかで品質が高いものだけが目立つようになります。そして、サイトの質が向上したとGoogleが判断してくれるのです。

つまり、noindexはサイト全体の品質に関わるものなのです。
余計なページが増えると、Googleが低品質評価をしてしまいます。
それを防ぐために、noindexがあるので積極活用しましょう。

4. 不要なページはいっそのこと削除しよう


長い間Webサイトを運営していると、人気のページとそうでないページがでてきます。
中にはSNSで多くシェアされ、「バズった」といえる状態になるものもあるでしょうし、何の気なしに書いたコンテンツが大きく注目を集めることもあります。

Webサイト運営はだからこそ先が読めず、楽しいものなのですが、反対に低品質なページが生まれることもあるのです。このページは明らかに検索の邪魔をしている、そして意味のないようなページがある場合があります。

自分としてはよかれとおもって書いたものの、中身が雑記であったり、ぐちであったり、そういった場合は、思い切って削除してしまいましょう。もしも、削除するのがもったいないと思うのであれば、noindexでも良いのですが、あまり低品質なページが残っているのはSEO上も好ましくありません。

たとえば個人がブログをつけているのであれば、短くて雑多な記事も、ぐちも、立派なコンテンツでしょう。しかし、ビジネスでやっているのであれば、話は別です。サイト全体の品質を高める必要があるのです。

そのため、定期的にアクセスの少ないページを見つけて、余計なことを書いていたら削除するのが基本です。

5. ヒットしているページはリライトしよう


たとえば、Webサイトを運営していく上で、ヒットコンテンツというものが生まれると思います。いわゆるバズになった状態や、SEOでかなり強いページ、そしてなぜかPVをあつめて注目が集まっているページのことです。

そんなページにはリライトしましょう。
文章力は、Webサイトを運営していく上で確実に高まっていることでしょうから、今の表現力を使って、ページをより良いものにブラッシュアップするのです。

過去記事をリライトすることは非常に重要なのですが、ブロガーなどではこれをしているひとはあまりません。しかしリライトはかならずWebサイトの価値を高めてくれます。

何千ページもある場合に、すべてをリライトすることは実質的に不可能なので、人気のあるページだけをリライトしていくといいでしょう。Googleのアナリティクスで分析することができます。

6. Webサイトには専門性が大切


昔はWebサイトといえばどのようなものであっても、長文かつコンテンツ数が多ければ、検索上位にあがっていたのですが、医療関係でSEOしたのがWELQで、社会問題となった代わりにGoogleもアップデートを行いました。

それにより、雑記ブログのアクセス数が落ちてしまったのです。
2017年の1月ごろから、専門性の高いサイトが評価されるようになりました。つまりあれこれと書いている雑多なサイトは、検索で圏外になるということです。

WELQの問題は非常に大きく、社会問題になってしまったため、ただ長文であるだけのコンテンツは評価されなくなったのです。WELQについてはまた他のページで説明しますが、とにかく雑多なコンテンツがまじっていると、検索上あまりよくありません。

Webサイトに大切なのは専門性の時代です。
自社で何をアピールできるか、考えてみましょう。
自分たちがつくっている製品、社長の考え方、従業員の思いなど、さまざまなストーリーが会社には隠されていることだと思います。

それをアピールして、Webサイト上で専門性をもたせましょう!そうすれば、きっとGoogleは評価してくれるはずです。

専門性といっても、弁護士や司法書士などの士業である必要はありません。自社も何かに特化した仕事をしているはずですので、それをベースにコンテンツを配信していきましょう。

7. 顔出し、実名だし、肩書出しが基本


Webサイトの品質を簡単に高める方法をご存知ですか?
それは、サイトの運営者のプロフィールを詳細に明かすことです。
中小企業なのであれば、社長がみずから手を動かしてコンテンツを書くと良いでしょう。

たとえばWebサイト運営が万が一うまくいかなかったとします。すると従業員にサイトを更新してもらっていたら、人件費のぶんだけマイナスになってしまいます。

しかしそれを社長がみずから更新していたらどうでしょうか。無駄になるのは社長の労苦だけなので、金銭的なマイナスは発生しません。

それに何より、実名で顔出し、肩書だしでWebサイトを運営することは非常にアドバンテージがあります。読者も信頼してくれるでしょうし、Googleもオーサーランクを導入するという話がありますので、Googleの信頼も得ることができます。

何を書いたかも重要なのですが、誰が書いたかも重要になってくるのです。Webサイト運営は、勇気をだしてぜひ肩書と実名、そして顔写真をアップして表現してください。意外と誹謗中傷などはまじめに運営している限りきません。

8. 低品質なページはnoindexしよう

今回は低品質なページに対して、noindexという処理を行うことで、Googleからたどられないという裏技をご紹介しました。本当は裏技というほどでもなく、誰でも知っていることですが、基本なのでしっかり押さえておきましょう。
あまり意味のないコンテンツ、雑記、お問い合わせページなどは、HEADタグにnoindexを貼り付けて、クローラーに読まれないようにすることが大切です。しっかりとメンテナンスして、ページの質を高めていきましょう。

動画×WEBで最強のブランディングを実現

WEBにおける成功の方程式は【アクセス数UP】×【成約率UP】です。
SEOやWEB広告は、アクセス数UPにつながりますが、成約率UPには直接つながりません。

私たちが考える動画活用型のオウンドメディアは、
『アクセス数UPと成約率UPを同時に実現する最強のコンテンツマーケティング戦略』
です。

価格競争から脱却し、圧倒的ポジションを構築したい方のブランディングを支援します。

無料相談受け付けております。

 動画×WEBで最強のブランディングを実現

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)